梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2021/01/21 今日から受付開始
2021/01/20 夜席も時短
2021/01/19 結婚記念日
2021/01/18 やっと、初詣
2021/01/17 掛け持ちや!

直接移動: 20211 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2012/10/12(金) 行動力抜群
 車で小梅と二人で自宅を出て、中国道から米子道へ・・・蒜山高原SAに2時半頃に着いて、5時まで仮眠・・・米子道最後のPで、もう半時間仮眠しました。
 定番撮影地の淀江のカーブへ行ってみると・・・平日なのに鉄ちゃんがテンコ盛り。場所を変えて、伯耆大山駅先の鉄橋へ行きました。ここは比較的空いていて・・・それでも30人以上。目的のDD51牽引トワイライトEXPは、曇り空で薄暗い7時前にやって来ました。
 山陰道を走って、直江―出雲市間のコンクリート橋へ・・・追い抜いたトワイライトEXPがやって来る直前まで快晴。来た時は丁度、雲の中・・・因みに4分後に続行で来た「サンライズ出雲」の時は快晴・・・こんなもんですわ。
 撮影後は急いで仕事先へ・・・米子道、中国道から播但道、バイパスを通って魚住へ向かいました。
 途中、マクドに寄って昼食・・・今、ハッピーセットにプラレール(鉄道関連玩具)が付いています。
 魚住の遍照寺さんで落語・・・昔、金網のフェンスが無かった頃に撮影に来ていたポイントのすぐ近くで、ご近所のお年寄りが集まってくれました。14時半過ぎから、ご住職の話やボランティアスタッフの朗読があって、その後が出番です。
 番組は、私の立ち高座のおしゃべりで始まって「子ほめ」小梅・「転失気」梅團治でした。
 それから、西明石のハナゾノへ・・・「西明石浪漫笑」です。16時半に到着・・・早く着き過ぎたので、少し蒲団で寝かせてもらいました。八斗君が18時過ぎに直接、やって来ました。雀々師は18時半に駅まで迎えに行きました。
 落語会は19時の開演。今日はお客さんが多かったので、会場は地下室の方・・・番組は「四人癖」八斗・「壺算」梅團治・「鷺取り」雀々・・・五重塔のてっぺんで鷺を逃がしていると油虫(ゴキブリ)が飛んで来て、雀々師の肩に・・・これで大爆笑。15年振りの出演になった今回は、これがオチになってしまいました。
 雀々師は終演後、車でお迎えに来たお客さんと何処かへ・・・今日の懇親会の料理は、今までに無かったメニューも出て美味しかったです。ちらし寿司、皿うどん、餃子、サラダ・・・この後、運転があるので、食べ過ぎないように注意しました。食べ過ぎると眠たくなってしまうから。
 ハナゾノから岡山県の瀬戸Pまでは私が運転。ここからは交代して小梅・・・頑張って、東広島の奥屋Pまで運転してくれました。この辺りで日が変わりました。
 しかし、我ながらこの行動力には感心します。

◎山陰本線(伯耆大山―東山公園間)の鉄橋で臨時「トワイライトEXP」を撮影◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.