梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年2月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/06/06 忘れてた
2020/06/05 やっとこさブルーレイ
2020/06/04 携帯を買い換え
2020/06/03 辛いなぁ!
2020/06/02 まるで、オペレーター

直接移動: 20206 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2016/02/12(金) 偉大な師匠
 7時前に小梅がやって来て、起こされました。
 私の枕元にあるタンスを開けてガタゴトとやり始めました。初めて袖を通す黒紋付きと袴を出して、仕付け糸を取っています。衣装の用意をしたら、すぐに出掛けて行きました。
 私はBSでテレビを観ながら、ピザトーストとコーヒーを食べてから出発。私も小梅も行先は同じで難波にあるスイスホテル。小梅は9時入り、私は9時半入りです。
 今日は11時から師匠「三代目桂春團治を偲ぶ会」・・・所属会社の松竹芸能が主催者として執り行われました。
 着替えをして祭壇の前に座りました。ご来賓の方々から弔辞やご挨拶を頂いて、献花をさせて頂きました。こういう事がある度に改めて師匠春團治の偉大さを感じます。
 式典が終わって、参列者の皆さんと献杯をして飲食・・・思い出話。
 13時からは、一門と松竹芸能のスタッフだけで14時まで。
 一旦、小梅と一緒に帰宅・・・15時過ぎ。
 用事を済ませて、一人で16時過ぎに出発・・・「西明石浪漫笑」の日。今夜は大入袋が出ました。
 番組は「金釣り」生寿・「茶屋迎い」かい枝・「鋳掛け屋」梅團治・・・終演後の会食は、おでん・サラダ・カレーライス。
 調子に乗って日本酒を呑み過ぎたみたい・・・寝過ごすことは無かったけども、綱渡りみたいなもの。
 帰ったら、蒲団に直行。

◎スイスホテルの「三代目桂春團治を偲ぶ会」の会場入口◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.