梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年12月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/11 今月は稽古が・・・
2019/11/10 耳を疑う訃報
2019/11/09 久し振りの一人旅
2019/11/08 祝いの尾頭付きと鯛めし
2019/11/07 まさか、プロデューサーから・・・

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2018/12/10(月) 昼夜に分かれて
 いつものように7時13分に起きて、BS「べっぴんさん」「まんぷく」「こころ旅」、もう一度「まんぷく」を観ました。レトルトのご飯をチンして、インスタントのシジミ汁を作って娘に食べさせました。嫁さんは寝ています。私は嫁さんがそのままでバリバリ食べたチキンラーメンの残りにお湯を掛けて食べました。
 暫くすると、娘は学校へ・・・嫁さんが玄関まで見送っています。
 小梅は11時半頃、神戸新開地「喜楽館」へ・・・休演日はありますが、今日から一週間昼席に出演します。喜楽館の昼席に出演するのはオープニング公演以来で、一週間は初めてです。今日のネタは「平林」。
 私は14時過ぎに自宅を出て、神戸新開地の喜楽館へ向かいました。今夜は「ラジ関寄席」に出演します。「ラジ関寄席」は道頓堀角座を閉館してから、ラジオ関西の地元の神戸にある喜楽館で開催をしています。
 16時頃に着いてしまったので、「松濤庵」で、きつねそばを食べていたら、生喬師が新しいお弟子さん生心(せいしん)君を連れてやって来ました。生心君に会うのは初めてです。
 楽屋へ入ったのは、昼席のトリの雀三郎師が高座へ上がっている時で、16時半過ぎでした。小梅も楽屋の仕事をしています。お客さんのお見送りをした後、昼席の出演者が帰って行きました。小梅も動楽亭夜席の三語君の落語会へ・・・19時開演だそうで、バタバタと出て行きました。動楽亭のネタは「道具屋」だったそうです。
 師弟が昼夜入れ替わって、喜楽館に出演。
 17時過ぎから開演までの時間、御案内役の内海英華師との対談を出演者が順番に収録。
 「ラジ関寄席」は18時半開演で、お客さんは60〜70人ほど・・・「恋雅亭」と重なっているけど、まずまずの入り。
 番組は「ちりとてちん」松五・「ハル子とカズ子(かい枝作)」風喬・「切符」梅團治〜中入〜「尿瓶の花活」生喬・「牛ほめ」呂鶴でした。
 終演後、私、生喬師、風喬師の三人で中華料理店「燕楽」へ・・・最近は、ここばっかり。安くて美味しいので、懐にも優しいです。
 22時過ぎにお店を出て、新開地駅の改札口で二人と別れて、JR神戸駅へ・・・22時半過ぎの新快速に乗って帰りました。
 帰宅したのは午前0時前・・・小梅と同じ電車やってみたい?
 帰ったら、すぐに蒲団へ横になって寝ました。

◎神戸新開地「喜楽館」の表に置いてある番組表◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.