梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年9月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/19 11月の雪は・・・
2019/11/18 天候で路線を変更
2019/11/17 札沼線の観光列車
2019/11/16 唯一の高座
2019/11/15 新幹線と飛行機に乗るなんて・・・

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2019/09/24(火) 蔵之助師と別行動
 6時前に自然に目が覚めたので、携帯電話の充電。6時に正念寺の鐘が鳴りました。荷物をまとめて、いつでも出掛けられる用意をしてから、7時までベッドで横になってました。
 7時半頃からトーストにチーズとトマトがのった朝食とコーヒーをご馳走になって8時前に出発・・・蔵之助師を高千穂のバスセンターへ送って行きました。蔵之助師は延岡駅までバスに乗って、延岡駅から電車に乗って中津へ向かいます。
 我々二人は、肥薩おれんじ鉄道の上田浦駅付近へ・・・ここで海をバックにED76牽引貨物列車とマヤ検を俯瞰撮影。
 有料道路を使わずに北上・・・昼食の代わりに「ヒライ」で、ちくわサラダ、辛味噌なすを買って車内で食べながら移動。阿蘇の大自然は雄大で、自分も大きな人間になったような気がします。
 小国町の外れで「天晴(てんせい)」という蕎麦屋を見付けたので入ってみました。もりそば大盛を注文・・・素麺の様に細い蕎麦で美味しい。
 ここからは、小梅が運転して中津のホテルへ・・・16時過ぎにチェックイン。
 先に来ていた蔵之助師と、17時にロビーで待ち合わせをして、行橋市の劇団「風雷望」へ向かいました。
 18時前に着いて、会場チェック・・・19時開演で、今年の「風雷望寄席」の番組は「狸賽」小梅・「なづけお屋(小佐田定雄/作)」梅團治・「たいこ腹」蔵之助・「祝い熨斗」梅團治という休憩なしの四席・・・お客さんもそこそこ入ってくれて良い雰囲気。20時半過ぎに終演。
 終演後は、稽古場で打ち上げ・・・ピザとパンナンをお腹いっぱい食べ過ぎて苦しい。
 小梅の運転で、ホテルへ戻ったのは23時過ぎ・・・私は直ぐに爆睡、小梅は23時半から始まった好きなアニメの最終回をBSで観てから寝たようです。

◎噴煙を上げる阿蘇を見ながら移動◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.