梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年3月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/09 番組編成会議に出席
2020/07/08 こんなんが続いたら・・・
2020/07/07 暗いニュースばかりの七夕
2020/07/06 九州が心配
2020/07/05 日曜日はこれ

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2020/03/01(日) 鉄道ウィーク楽日
 8時58分に合わせおいたアラームが鳴りました。「ゲゲゲの鬼太郎」を観ようと寝室のテレビを点けたら、東京マラソンの生中継・・・マラソンを観ながら、カップ麺の天ぷらそばを食べました。「ゲゲゲの鬼太郎」を観てから、もう少し寝ようと思っていたのに・・・予定がすっかり変わってしまいました。
 結局、ゴールまでテレビを観た後、仕事の仕度をしていると、小梅が11時半過ぎにやって来ました。
 12時過ぎに車に乗って小梅の運転で神戸新開地の「喜楽館」へ向かいました。空いていたので、一時間弱で到着・・・「喜楽館」に近い駐車場は満車・・・この辺りは、土日は車が多いようです。
 少し離れた所へ止めて「喜楽館」へ・・・13時過ぎに楽屋入り。今日がいよいよ「鉄道ウィーク」の楽日です。連日そこそこの入り・・・今日も100人に少し足らないほどの入り。小梅は「鉄道勇助」、私は「なづけお屋〜鉄道編」・・・小佐田定雄先生が書いてくれた台本を少しだけ鉄道バージョンに書き換えてます。それも「鉄の世界」の時とは違って、新開地バージョンです。今回の為に少しだけですが考えました。
 今日が一番、知っている鉄道仲間が多かったかも?・・・先日、神鉄の貸切電車に乗ってくれていた人たちも大勢いました。それから、常連T先生は何と一週間一日も欠かさず来てくれました。感謝です。しかも、1月末に繁昌亭であった「受賞ウィーク」の時も一週間欠かさず来てくれています。漫画家いわみ先生も楽屋へ来てくれました。
 終演後は、出演者で打ち上げ・・・中華料理店の「燕楽」です。二時間ほどでオヒラキ・・・お客Uさん、いわみ先生、みつくに師、そして私の4人で二次会へ・・・カラオケの唄えるお店です。以前、Uさんに連れて来てもらった元町の中華街に近いお店です。
 カラオケにマスターがドラムを合わせて叩いてくれるので最高・・・気持ちよく歌えます。
 22時半前にオヒラキ・・・自宅の最寄り駅に着いたら、小雨が降っていました。小雨の中を傘も差さずに帰宅。午前0時を廻っています。
 蒲団に入って、すぐに寝ました。
 しかし、コロナウィルスで大変な時に初日から楽日までの一週間を無事に開催できたことをありがたく思います。

◎「鉄道ウィーク」の打ち上げは、喜楽館近くの「燕楽」で・・・向かって右から、しん吉・代走みつくに・壱之輔・梅團治・いわみせいじ・お客Uさん、手前は雀五郎(敬称略)◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.