梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/11 最後の講義
2024/07/10 番組を消去
2024/07/09 すぐに挫折
2024/07/08 外へ出たくない
2024/07/07 外へは出ません

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2023/10/25(水) 秋の九州最終公演
 7時少し前に目が覚めたので、家督屋まで車を取りに行きました。それから、朝食は無いので、シャワーを浴びて二度寝。
 9時半頃に小梅と二人でホテルを出て、コンビニで朝食のおにぎりを買って、コインランドリーへ向かいました。洗濯をしている間、携帯で大阪Uさんから送ってもらった映像を観ながら朝食を食べました。
 洗濯が終わって、11時半頃から昼食を食べに祐徳稲荷神社の参道にある家督屋本店へ・・・まずは神社を参拝してから。ここも外国人観光客がいっぱいです。ちゃんぽんを注文・・・大将自慢のちゃんぽん、思わずスープまで全部飲んでしまいます。
 車を江北方面へ走らせました。肥前山口駅が江北駅に駅名が変わっています。写真を撮ろうと思ったら、この辺りは興味のない電車でした。どうやら、鹿島よりも諫早寄りにキハ47が走っているみたいです。昨日、撮影をした場所へ移動して、同時刻にやって来たラッピングされたキハ47を昨日とは角度を変えて撮りました。
 武雄から有田へ・・・佐世保線の有田駅で蔵之助師と15時半過ぎに合流して、炎(正式には火が三つ)の博記念堂へ向かいました。
 「令和ふれあい寄席」てす。当初は婦人の家で「ふれあい寄席」として20年ほど開催をしてもらっていたのですが、昨年から会場を変えて「令和ふれあい寄席」と新しく再スタートしました。大きなホールで500人も入ります。落語会は昨日と同じほどで120人ぐらい・・・いつか満席になれば良いですけど。まぁ、近い内に半分は超えたいですね。
 会場のチェックが終わってから、福大落研N先輩の車で「ジョイフル」へ行って一休み。
 18時半開演で、番組は「時うどん」小梅・「替り目」蔵之助・「鬼の面」梅團治〜中入〜「猫と電車」蔵之助・「禁酒関所」梅團治・・・終演は20時半の二時間公演でした。
 後片付けをして、西有田にあるいつもの「桃源」で打ち上げ・・・焼鳥が美味しいお店で、豚足も美味しいんですよ。
 22時にオヒラキ・・・小梅はノンアルビールだったので、運転を担当。伊万里駅近くにあるホテルへ・・・22時半頃にはチェックイン。
 蔵之助師とは、これでお別れ・・・各々の部屋に入りました。
 テレビも点けずにベッドへ横になって消灯・・・そのまま爆睡。
 明日は楽しみにしていたドラフト会議とモニタリングがあります。

◎佐賀県有田市の「炎の博記念堂」で、開場前の音響・照明チェック・・・高座上は小梅◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.