梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年12月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/02/19 雨降りでも・・・
2024/02/18 三人で打ち合わせ
2024/02/17 早朝からお出掛け
2024/02/16 今日も無駄遣い
2024/02/15 こんなとこにあったわ

直接移動: 20242 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2023/12/08(金) いよいよ前日
 7時半過ぎに目が覚めました。洗濯は昨夜の内にしているので、キッチンのカーテンを開けただけ・・・ベランダに出て、外を見上げると青空、良い天気です。撮影日和。
 南海6000系(無塗装)はちょっと前に難波から橋本へ向かって走って行ったばかり・・・もう少し早く起きれば良かったと、少し後悔。起きたついでに鉄道落語の台本読み・・・覚えていないので、ネタ繰りが出来ません。
 8時半を廻ってから、カメラと三脚を持って自転車で大和川橋梁へ・・・9時10分過ぎに橋本から戻って来た南海6000系を撮影。水鏡になっています。遠くに見えるはずの六甲の山々は霞んで見えません。
 対岸へ移動して、難波から戻って来た南海6000系を見事に紅葉している桜の木を入れて撮りました。
 帰宅して衣装の用意。朝昼兼用の食事は、神埼T氏から送ってもらった豚骨ラーメン・・・嫁さんが作ってくれました。
 衣装を持って、自宅を出たのは12時半を廻ってから・・・楽屋入りは13時45分頃で、三語君が高座へ上がってました。お客さんは120人ほどで、今席一番の入り。やっぱりお客さんが入ると良いですなぁ。ネタは「皿屋敷」。私の前に出たのが月亭ハッチ師・・・会うのは可朝師のお別れ会以来。私の2年先輩で、若い頃はよくお世話になった方です。お別れ会の時はご挨拶だけで失礼したのですが、今日はゆっくり話が出来ました。今は四国の高松に住んでいるそうです。今日のトリは兄弟子の小春團治師・・・ご挨拶をして、先に失礼をして帰宅。
 洗濯物を取り込んだり、食器を洗ったりして、自宅の用事を済ませてから台本読み。いよいよ「鉄の世界」が明日になったので、必死のパッチです。
 嫁さんが学童保育から帰って来たので、交代でお風呂に入りました。お風呂から上がって夕食を食べていると、小梅から荷物が多いので地下鉄の駅まで迎えに来て欲しいとういう連絡・・・もっと早く連絡をしてくれぇ。ネタ繰りをしないといけないので、アルコールを抜いていて良かったです。食事の途中に車で迎えに行って、帰ってから食事の続き・・・献立は、コロッケ、ポテサラ、豚汁です。
 明朝はバタバタしそうだったので、夜に洗濯・・・小梅が旅に出ていたので、洗濯物がイッパイ。2回も洗濯機を回して、ベランダに干しました。
 寝る前に台本を見ずに初めて冒頭からオチまで通しでやってみました。何とかいけそうです。明朝もう一度通しで繰ってみます。
 少し安心して蒲団へ入ったのは午前1時半頃

◎大和川橋梁を渡る南海6000系無塗装電車◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.